浦安スズキ歯科ホーム > 治療案内 > 一般歯科

一般歯科

歯の痛みに悩まされている方、口臭が気になる方、噛み合わせを治したい方、歯をキレイにしたい方など、
患者さまお一人おひとりのご要望に合わせた診断と治療を行います。

むし歯

虫歯

むし歯の治療は、進行度合いによって治療方法が異なってきます。
多くの方は、歯が痛み出してから歯科医院にご相談されますが、痛みを感じるようになった時には、すでにある程度進行してしまっている状態です。
歯に違和感を感じる方はできるだけ早くご相談して頂きたいと思います。
また違和感がなくとも、健康な歯を長く維持して頂くために、定期的に検診を受けて頂くことをおすすめしています。


 

【C0】(むし歯の初期段階)
【C0】(むし歯の初期段階) ■進行度合い
一番軽いむし歯の初期段階では、歯の欠損はありません。
歯の表面のみが溶けている状態です。
歯の表面が白く濁っているように見えるのが特徴です。
そのまま放置してしまうと、むし歯になってしまいます。

■自覚症状
自覚症状は全くありません。
通常、定期健診などで見つかる事が多く
ご自身で気付く事はほとんどありません。

■治療方法
溶けてしまった歯の表面にカルシウムやリンを浸透させ、
再石灰化させる事により元の歯を取り戻す事ができます。

・研磨剤入り歯磨き粉ではなく、フッ素入り歯磨き粉を使用すると良い。
・実際にフッ素(高密度)を歯科医院で塗ってもらう。
・食事をした後に歯ブラシをしっかりと行う。
※歯科医院でのブラッシング指導をオススメします。


 
【C1】(むし歯の初期段階)
【C1】(むし歯の初期段階) ■進行度合い
歯のエナメル質が溶け始めたむし歯の初期段階の状態です。
白く濁った状態から、少し黒ずんだ色に変色します。
歯科医院で治療が必要になります。

■自覚症状
ほとんど気づきません。

■治療方法
むし歯になり始めている部分を少し研磨します。


 
【C2】(むし歯の中期段階)
【C2】(むし歯の中期段階) ■進行度合い
象牙質の部分にまでむし歯が進行した状態です。
象牙質は柔らかいため、進行が早まります。
 
■自覚症状
冷たい物が歯にしみるようになります。
自覚症状が現れ始めます。

■治療方法
むし歯部分を削り、詰め物もしくは被せ物をする必要があります。
一般的にコンポレットレジンという白い詰め物を使用し治療に当たります。



【C3】(むし歯の重度段階)
【C3】(むし歯の重度段階) ■進行度合い
むし歯が歯髄(歯の神経)まで進行してしまっている状態です。
歯に穴が空いているのが見て分かるようになります。

■自覚症状
強い痛みを感じ、痛みの持続時間が長くなります。
また、場合によっては、耐えられないくらいズキズキと痛むようになります。

■治療方法
麻酔をし、神経の治療が必要になります。
治療後には詰め物、もしくは被せものをし、通常通り噛めるように修復します。


 
【C4】(むし歯の末期段階)
【C4】(むし歯の末期段階) ■進行度合い
歯根だけ残っている末期症状です。
歯根までむし歯が進行しています。

■自覚症状
神経が死んでしまっているため、痛みを感じない場合もあります。
歯根しかないため、物を噛む事が難しい状態です。

■治療方法
健康な歯は残っていない状態です。
歯を抜く場合は、インプラントや入れ歯などが必要になります。
根を残せる場合は、根の治療をして被せものを装着します。
 

当院では急に歯が痛くなってしまった場合でもすぐにご来院していただき、治療が出来るように努めておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

知覚過敏

冷たいものや熱いものを食べた時に歯がしみる場合、知覚過敏の可能性があります。
歯周病やかみ合わせで引き起こることがありますので、症状がひどくなる前にご相談下さい。

歯を失ってしまった方へ 

何らかの要因で歯を失ってしまった場合、欠損を補う必要があります。
その方法として、入れ歯(義歯)、ブリッジ、または保険外のインプラントが挙げられます。

入れ歯
入れ歯

残存歯の位置や本数によって、ブリッジは適応できない場合もありますが、入れ歯はほとんどの症例に適応できます。

入れ歯の素材には、違和感を和らげる薄い素材もありますので、ご予算やご希望に合わせてお選びいただくことも可能です。

ブリッジ
ブリッジ

ブリッジは、被せ物の一つで、欠損部の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れる治療法です。

部分入れ歯より安定しているので、違和感が少なく、取り外しのわずらわしさがありません。ただし、ブリッジを固定するために両隣の歯を削る必要があり、歯の抜けた部分の骨が痩せる場合もあります。

インプラント
ブリッジと違い健康な歯を削ることはなく、歯を失った箇所に人工歯根を埋め込み、天然の歯と同じように機能させる治療をインプラント治療といいます。永久歯は一度削ってしまうと、寿命が短縮してしまいます。インプラント治療は周りにある健康な歯に影響を与えることはありませんし、見た目も通常の歯とほとんど同じにすることができます。


当院ではインプラントの専門医が治療に当たりますので、ご安心して治療をお受け頂けます。


 

 

インプラント

ブリッジ

入れ歯

     治療法 インプラント ブリッジ 入れ歯

保険適用

不可

可能

可能

メリット

・自然な歯のような感覚で違和感無く噛むことが出来ます。

・周りの歯への影響が少ないのでより多くの歯を残すことが出来ます。

・取り外しのわずらわしさがありません。
・入れ歯よりも違和感が少ないです。

・保険適用のため治療費用が安価でほとんどの症例に適用出来ます。

・治療期間が短く済みます。

デメリット

・インプラントと骨が定着するまでを入れると治療期間が長くなることがあります。

・他の治療と比較すると保険が適用されないためやや費用がかかります。

・ブリッジをするために両脇の2本の歯を削らなければなりません。

・ブリッジと歯肉の間に食べかすなどがたまりやすく、ブラッシングが難しいです。

・取り外しのためわずらわしさを感じることがあります。

・入れ歯のバネが見えてしまうことがあります。

・入れ歯を洗浄し清潔な状態を保っていないとむし歯の原因となりやすいです。

 

急に歯が痛くなってしまった! 歯を白くしたい! 歯が抜けてしまった! そんな方は・・・お気軽にお電話ください!電話番号:047-355-0880
アクセス



■パーキング有
鈴木医院と三和ハウス横入った所
奥から3番目

■住所
〒279-0041
浦安市堀江1丁目35−31
ヴィラDスズキ1F

■最寄駅
徒歩:浦安駅から徒歩10分
バス:浦安駅から東京ベイシティバス 第4,5,8,9,12系統 南小入口下車1分。
京葉線新浦安駅から東京ベイシティバス第5系統堀江一丁目下車1分。

おさんぽバス 舞浜線 江川橋南 下車2分

■診療時間
9:30~12:30 / 14:00~18:00
土曜:9:30~13:00 / 14:00〜17:00

■休診日
日・祝

詳しくはこちら